トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.231【壁紙クロスを選ぶなら①】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.231【壁紙クロスを選ぶなら①】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

壁紙を選ぶ際には、素材の特徴やメリット、デメリットを把握しておかなければなりません。

今回は、日本の住宅で使用されている、主な種類の壁紙のメリット、デメリットをご紹介します。

目次

ビニールクロスの特徴

紙クロスの特徴

最後に

ビニールクロスの特徴

最初にご紹介するのは、ビニールクロスです。

ビニールクロスは、日本の住宅でほとんど使われているため、クロスの中では有名と言えます。

塩化ビニール樹脂などが主原料で、ビニール素材の特性を活かし、様々な細工処理が可能です。

そのため、カラーバリエーションが豊かであり、模様のパターンも豊富です。

ビニールクロスのメリットは、以下の通りです。

・価格が安価

・高耐久性

・汚れても簡単に落とせる

このほか、消臭や抗菌、防カビなどの嬉しい機能を備えた商品も多くあります。

続いて、ビニールクロスのデメリットです。

・ホルムアルデヒドが接着剤に含まれている

・焼却廃棄時に、ダイオキシンが発生する

最近では、塩化ビニールを少なくして、アレルギー対策などの試みが多く行われています。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方で、費用を押さえたい方や様々なデザインの選択肢からお気に入りを選びたい方、アレルギーの心配はしていない方におすすめします。

紙クロスの特徴

続いて紙クロスをご紹介します。

欧米でよく使用されている紙クロスは、パルプを原料としている商品が多くあります。

環境や健康面で安心できることから、紙クロスは注目されていると言えます。

紙クロスのメリットは以下の通りです。

・吸音性、通気性が良い

・紙の種類によって印象を変えることができる

和紙のクロスであれば、上品かつ落ち着きのある印象にしたり、洋紙であれば海外の雰囲気をもたらすことも可能です。

続いて、紙クロスのデメリットです。

・経年劣化により、目地が目立つ可能性がある

・擦れに弱い

・撥水加工がされていないものは、汚れの付着によりシミになる

耐久性の面で少し不安があると言えますので、メリットとデメリットを比較検討しましょう。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方で、個性的な雰囲気にしたい方や高級感のあるお部屋を作りたい方は、特におすすめです。

最後に

今回は、ビニールクロスと紙クロスの2種類をご紹介しました。

それぞれにメリットがある反面、デメリットも存在します。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方で、好みが合い、デメリットも気にならなければ、採用することをおすすめします。